GADGET/PRODUCT

師匠が認めた最強多色ボールペン『Pilot 4+1 Wood』が最高過ぎた件。

投稿日:2022年1月4日 更新日:

どうも、

エッセンシャリストYuです。

今回は、

  • 師匠が認めた最強多色ボールペン
    『Pilot 4+1 Wood』が最高過ぎた件。

というテーマでお届けします。

この記事はこんな方におすすめ!

__・ジェットストリームに飽きた…
・書き味とインクの濃さを重視したい!
・長時間筆記に最適なボールペンを探している!
・周りの人との差別化を図りたい!
__

購入したきっかけ。

元々、ジェットストリーム派だった

元々、私はここ数年来
ボールペンは一貫して、

を選んできました。

選んでいた理由としては、

  • 超・低摩擦のインクのおかげで
    書きやすさが抜群だったから

です。

速記から普段の筆記まで、
バランス良く熟せる相棒として
これまでずっと愛用してきました。

しかし、
ここ数年の間に

を使用する人が増えたことにより、

  • 職場などで誰のジェットストリーム
    なのかの見分けが付きづらい

といったことが起きることが
多くなってきたことから、

  • 代わりになるボールペンがないかなぁ?

とずっと探していました。

そんなある日、
師匠のDラボの中の
あるチャット欄で
「あるボールペン」
紹介されているのを
目の当たりにしたのです。

そのボールペンこそ、
今回ご紹介する

だったのです。

購入の決め手になったのは○○を試したかったから

の存在を師匠の生放送で知った直後、
私はこのボールペンに
ついて調べてみました。

というのも、
私はジェットストリーム4+1
使用し始める前は、

  • Pilot Dr.Grip 4+1

という同じメーカーの旧型を
使用したことがあり、
当時の書き心地が悪すぎて
ジェットストリーム4+1
乗り換えたという過去がありました。

そんな過去から来る
不安を抱きながら調べていくと、
旧型と比べて最近のPilotのボールペンは
ある点が 進化 していることが
判明しました。

その 進化 を試してみたく、
今回購入してみました。

実際に使ってみてわかった2つの強み。

ここでは実際に購入し
数ヶ月使ってみてわかった、

をご紹介したいと思います。

①書き心地抜群な「アクロインキ」を採用

1つ目の強みは、

  • アクロインキが採用されている

という点です。

同じPilotの従来型の油性インキと比べ
約1/5のインキ粘度と言われている

アクロインキ と潤滑剤を配合し、
ペン先のボールの摩擦抵抗を低減させることで、

  • なめからかつ濃い筆記

を実現することができます。

因みに、
競合他社にあたる

も同じような仕組みを採用しているので、
ジェットストリームの
書き心地が好きな方は、
好きな書き心地だと思います。

②高級感と握りやすさを兼ね備えたグリップ

2つ目の強みは、

  • 高級感と握りやすさを
    兼ね備えたグリップ

にあります。

ジェットストリームや
一般的なボールペンと違って

Pilot 4+1 Woodは、

  • Dr.Gripでお馴染みのカーブのかかったグリップ

を採用していることで、
長時間での筆記における疲労を
軽減できる効果が期待できます。

さらにグリップ部分を
ラバー素材ではなく、

  • 木製グリップ(樹脂含浸カバ材)

を採用することで、
高級感だけでなく
強度や耐久性も兼ね備えた
仕上がりとなっています。

ちなみに
因みに、
競合他社にあたる

のシリーズの中にも

という同様の商品が存在しています。

同じ木製グリップではあるものの
形状の違いが大きいため、
どちらが優れているかというのは
好みもあるので断定はできません。

ライバル商品であるアレと比較してみた。

ここからは、
前項で度々取り上げた
競合他社にあたる

と3つの点で
比較してみたいと思います。

①外観

まずは外観から見てみましょう。

左側がPilot 4+1 Wood
右側がジェットストリーム4+1
となります。

Pilot 4+1 Woodの方が
丸みが強い印象があります。

次にグリップ部分。

前項でも述べた通り、
Pilot 4+1 Wood
カーブのかかったグリップ
採用しているので、
ジェットストリーム4+1と比べた時に
明らかに違うということを
感じさせてくれます。

  • 職場などで誰のジェットストリーム
    かの見分けが付きづらい

という不満を抱いている私にとっては
これはすごく大きなポイントです。

②インクの容量

次にフォーカスをあてるのは

  • インクの容量

です。

こちらはそれぞれの
替芯を本体から取り出して、
並べてみた写真です。

上側がPilot 4+1 Wood
下側がジェットストリーム4+1
となります。

下側のジェットストリーム4+1 の方は
若干使用していることもあって
開封時よりも容量が減っているものの、
それを加味したとしても
Pilot 4+1 Woodの方が
インクの容量が多いことが
お分かりいただけるかと思います。

③書き味

最後は皆さんが一番
気になるであろう、

  • 書き味

にフォーカスをあててみましょう。

まずは私が愛用している
紳士なノート
試し書きしてみた写真がこちら。

左側がPilot 4+1 Wood
右側がジェットストリーム4+1
となります。

次に一般的なコピー用紙に
試し書きしてみた写真がこちら。

上側がPilot 4+1 Wood
下側がジェットストリーム4+1
となります。

どちらの写真も共通して言えるのが、
Pilot 4+1 Woodの方が
はっきりとした書き味である

ということです。

私自身、
この試し書きの際に

  • Pilot 4+1 Woodの方が
    さらさら書けるし、
    濃い文字で書けるし最高!」

と思った程なので、
ジェットストリーム信者の方には
ぜひ一度味わって欲しい
書き味だと思いました。

『Pilot 4+1 Wood』の残念なポイント2選

この記事をここまで
読んでくださった読者の方は、

ということに薄々お気づきでしょうが、
そんなPilot 4+1 Woodにも
残念なポイントが2つだけありました。

私にとっては許容できる
レベルではあるものの、
ここでは敢えて取り上げてみたいと思います。

①替芯の取替が大変

これは実際に試してもらわないと
理解してもらえないのですが、
ジェットストリーム4+1に比べ、
Pilot 4+1 Woodの方が
替芯を取り外しにくく、
かつ取り付けにくい仕様となっています。

Pilot 4+1 Woodの方が
インク容量が多いことを考慮したとしても
いつかは取替することには変わりないので、
使用頻度が多い人は注意が必要です。

(私自身、未だにPilot 4+1 Wood
替芯の取替に慣れていません…)

②替芯が高い&入手しづらい

これも購入してしばらく経って
判明したことなのですが、

  • Pilot 4+1 Woodの替芯は
    ジェットストリームのものに比べて
    値段が若干高いだけでなく、
    実店舗での取り扱い率が低い

のです。

この点に関しては、
数年前より確固たる地位を築いてきた
ジェットストリームの強み
とも言えるので、

  • Pilot 4+1 Woodの使用者が増えて、
    同じような状況になったらなぁ…」

と個人的に思いました。

最後に。

今回は、

  • 師匠が認めた最強多色ボールペン
    『Pilot 4+1 Wood』が最高過ぎた件。

というテーマでお届けしました。

私は今回購入した
Pilot 4+1 Wood
愛用のノートカバーと一緒に
ヘビーユーズしていきたい

と思います。

気になる方はぜひ
チェックしてみてください。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

<おすすめ>

~エッセンシャリストの新バイブルが登場~

~エッセンシャリストのバイブル~

-GADGET/PRODUCT
-, , , , , , , ,

執筆者:

関連記事

Apple Watchの「手洗い機能」に感動した件。

どうも、 エッセンシャリストYuです。 今回はタイトルどおり、 Apple Watchの手洗い機能に感動した件 というテーマでお届けしたいと思います。 Series6に変わったことでの変化 先日紹介し …

話題のマッサージガン『MYTREX REBIVE MINI』が最高過ぎた件。

どうも、 エッセンシャリストYuです。 今回は、 YouTubeやSNSで話題沸騰中の マッサージガン MYTREX REBIVE MINI をレビューしていきたいと思います。 目次 購入したきっかけ …

ついに解禁。MagSafe対応MOFTを購入してみた件。

目次 はじめに。 一度は諦めたけど購入した理由。 ファーストインプレッション。 良かったところ悪かったところ。 最後に。 ​​ ​​ はじめに。 ​​ ​​どうも、 ​​エッセンシャリストYu ​​で …

興味本位で初めて注文したプロテイン『VALX』が美味すぎて感動した話。

どうも、 エッセンシャリストYuです。 今回は、 興味本位で初めて注文したプロテイン『VALX』が美味すぎて感動した話。 と題しまして、 私が最近ハマっているプロテイン 『VALX』 をご紹介したいと …

iPhone12シリーズとの相性抜群!Anker PowerPort III Nano 20Wを購入してみた。

どうも、 エッセンシャリストYuです。 今回は、 iPhone12シリーズとの相性が抜群の 世界最小・最軽量の充電器、 Anker PowerPort III Nano 20W を購入してみたので、 …

人気記事

人気記事














手出しゼロで利用できる♪話題のポイ活始めるならモッピー!

2022年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31